HOME SITEMAP   

ハチ・ハチ北2019-2020

ハチ高原スキー場 ゲレンデ イベント レンタル スクール レストラン 宿泊 アクセス 料金
ハチ北高原スキー場 ゲレンデ イベント レンタル スクール レストラン 宿泊 アクセス 料金

ハチ・ハチ北2019-2020

スキー場利用約款

(目的)

第1条
ハチ高原スキー場ならびにハチ北高原スキー場(以下、当スキー場という)のすべての利用者は、当スキー場を安全に利用していただくために、この約款の定めるところに従っていただきます。この約款に定めのない事項については法令の定めるところ、または一般の慣習によります。

(行動規則)

第2条
当スキー場の利用に際しては、以下の事項を守ってご利用ください。
1 他人を傷つけたり、脅かしてはいけない。
2 地形・天候・雪質・技能・体調・混雑等の状況に合わせてスピードをコントロールし、いつでも危険を避けるため止まれるよう、滑り方を選ばなければならない。
3 前にいる人の滑走を妨害してはならない。
4 追い越すときはその人との間隔を十分にあけなければならない。
5 滑りだすとき、合流するとき、斜面を横切るときは、周囲の状況、特にコース上方をよく見て安全を確かめなければならない。
6 コースの中で座り込んではならない。転んだときは素早くコースをあけなければならない。狭い所や上方から見通せない所では立ち止まることも慎まなければならない。
7 登るとき、歩くとき、止まるときはコースの端を利用しなければならない。
8 スキーやスノーボードには、流れ止めをつけなければならない。
9 掲示・標識・場内放送等の注意を守り、スキーパトロール・スキー場関係者の指示には従わなければならない。
10 事故に出会ったときは救助活動と通報に協力し、当事者・目撃者を問わず身元を明らかにしなければならない。
11 リフトの安全な乗り降りの仕方を理解し利用しなければならない。

(危険回避)

第3条
スキー(スノーボードを含む、以下同じ)には一般的に、以下のような特有の危険があり、特にスピードを伴うことから、各人の行動には、自分自身の事故防止と他の利用者の安全に対して責任ある行動が求められます。このことを理解のうえ、これらの危険をご自身の注意により避けるようにしてください。
1 雪・風・霧など、若しくはこれらに伴う視界不良など、天候による危険
2 ガケ・凹凸など、地形による危険
3 アイスバーン・雪崩など、雪の状態による危険
4 岩石・立木など、自然の障害物による危険
5 リフト施設・建物・降雪設備・雪上車両など、人工の障害物による危険
6 スノーパーク利用による危険
7 スピードの出しすぎによる危険
8 他の利用者との接触による危険
9 自己転倒による危険

(禁止事項)

第4条
1 閉鎖されたコースやコース外など立入禁止の区域へ侵入すること。
2 他の利用者はもちろん、人工や自然の物体に接近して滑走すること。
3 リフトの運行を妨げる行為をすること。
4 雪上車両に接近すること。
5 表示物・掲示物・標識類を毀損すること。
6 空き缶・煙草の吸殻・その他の物品を所定の場所以外に捨てたり、放置したりすること。
7 いたずらに、コースの中を靴足のままで歩くこと。
8 犬などの動物をコースの中に放つこと。
9 アルコールや薬物の影響その他の事情により、心身が正常でない状態でスキー場へ入ること。
10 長時間コース内で立ち止まったり座り込んだりすること。
11 法令等で禁止されたこと。
12 その他、他の利用者や自分自身の安全をおびやかすこと。

(滑走具)

第5条
当スキー場では危険防止の観点から、当スキー場が許可する滑走具以外の利用を禁止とさせていただきます。不明な場合はスキー場にお問い合わせください。

(その他)

第6条
1 保護者の目の届かない所での、お子様の単独行動はおやめください。
2 滑走具の損傷、持ち物の盗難被害などは、利用者の責任で対処してください。

(責任)

第7条
当社では、スキー場の行動規則、危険回避、禁止事項に違反した行為によって発生した一切の事故の責任を負いかねますとともに、当社に損害又は賠償費用が発生した場合には、その事故を発生させた利用者に対してこの損害の賠償又は発生した費用を請求させていただきます。

(附則)

必要に応じで本約款を改定します。

制定 令和元年9月1日

鉢伏開発観光株式会社
 ハチ高原スキー場
 ハチ北高原スキー場