HOME | SITEMAP

滑走上の注意

Attention in the run

3つの強化ポイント

ハチ・ハチ北では、誰もが安全・快適に楽しめる上質のスキー場を目指して「マナーアップ作戦」を推進しています。 スキー場スタッフの取組みとともに、ご来場の皆様ひとりひとりのご理解とご協力が必要です。

基本規則やマナーの中で、今年は次の3つのポイントを強化! ご協力をお願い致します。

リフトの定員乗車いご協力を。

混雑している時はリフトの相乗り・定員乗車をお願いします。

■シングルレーン設置リスト
HACHI
・ハチ中央トリプルリフト
・ハチ中央クワッドリフト
・ハチ中央ペアリフト
・ハチファミリートリプルリフト
HACHIKITA
・ハチ北野間クワッドリフト
・ハチ北中央クワッドリフト
・ハチ北北壁トリプルリフト
止まるとき、座るときは、ゲレンデの端っこで。
ゲレンデの中央部はもちろんリフト降り場の通路では止まったり、座り込まないようにしましょう。
ゲレンデ内は指定場所以外禁煙です。
おタバコは灰皿の設置してある場所で吸ってください。

禁止事項

ハチ・ハチ北では、安全・快適に楽しんでいただくため、以下の行為は当スキー場において禁止行為といたします。絶対に行わないで下さい。

以下の禁止行為を行った場合はリフト券を無効とし、回収させていただきます。返金もいたしません。

●リフトの搬器(椅子)をわざと揺らす行為
●リフト乗車中に搬器(椅子)から飛び降りる行為
●スキー場コース外へ出ていく行為
●スキー場内の滑走禁止エリア(ロープで表示)を滑走する行為
●コース内に許可なくキッカーやモーグルラインなどを造作する行為
●上記以外でも他の来場者に迷惑をかける行為

ゲレンデマナー

ハチ・ハチ北では、安全・快適に楽しんでいただくため、マナーの向上に努めています。以下のような行為をしないこと、そして誰もが好意的に注意しあえるスキー場を目指します。

この「ハチ・ハチ北ゲレンデマナー」を理解し、同意の上でお楽しみください。

①滑走前の注意とマナー
■リフトは順番を守り、混雑時は定員乗車にご協力ください。
■滑走具の滑り止めは必ず正しく装着してください。 ■初心者の方は、各種スクールをご利用されることをおすすめします。
②コース・ゲレンデ内での注意とマナー
■ゲレンデ内の歩行は大変危険です。やむをえず歩行する場合は、コースの端を歩行し、コース内に穴をあけないようにしてください。
■滑走具はセッティングゾーンで装着してください。
■パトロールの指示に従ってください。
③その他、こんな行為も気をつけて
■タバコは指定の場所以外では吸わないでください。(リフト乗車中は禁煙です。)
■リフト券は正規の販売所でご購入ください。
■アルコールや薬物の影響その他の事情により、心身が正常で無い状態でスキー場へ入らないでください。
■ハチ・ハチ北スキー場内での事故、ケガに対する責任は負いかねますので十分注意して滑走してください。

スキー場での滑走者責任義務について

冬の山では危険に対しての常識や個人の意識を高めることによりリスクを減らすことができます。自然の冬の山の中であるという認識をしていただき常にスキーヤー・スノーボーダーの為の国際ルールである"Your Responsibility Code (スキー場での滑走者責任義務)"を遵守するようお願い致します。

この「滑走者責任義務」を理解し、常に安全を意識してください。それはあなたの責任です。

ALPINE RESPONSIBILITY CODE(スキー場での滑走者責任義務)
  1. 常に人や障害物を避けたり、停止できるスピードで滑ること。
  2. 前方を滑っている人に優先権があり、追い越す時などは前方もしくは横を滑っている人を避けること。
  3. コース上で滑走の妨げになる所や上方から見えないような所では止まらないこと。
  4. コースに入る時、合流する時、滑り始める時は、必ず斜面上方を確認して他の滑走者の妨げにならないようにすること。
  5. パトロールが必要な事故を発見したら、傷病者のスキーを現場斜面上部にクロスにして立て、近くのスキー場スタッフに連絡する。場合によっては協力者を探し通報してもらい応急手当を行う。
  6. 常に適正に調整され、流れ止め機能が働く用具を使うこと。
  7. コース内の看板に注意し、リフト・人工構造物・立木・雪上車両には近づかない。
  8. 閉鎖されているエリアには入らない。サインや警告看板に従うこと
  9. 飲酒等の影響や体調の不具合で身体能力が損なわれている場合、滑走およびリフト乗車はご遠慮ください。
  10. リフトを利用する前に乗車・降車できる知識と技術を持つこと